作業員

家に住み着かれたら厄介な害獣|コウモリ駆除は専門業者へ

わずかな隙間から入ります

蝙蝠

鳥獣保護法に注意

一生懸命に働いて購入したマイホームに変な動物が住みついてしまったら、誰でも慌ててしまいます。そして住みついた動物がコウモリだったら驚いてしまいます。なぜコウモリが家に住みついてしまったのでしょうか。日本にいるコウモリのほとんどはアブラコウモリと呼ばれている種類で、北海道以外の日本全国で生息しています。コウモリの中では唯一人工的に作られた家の屋根裏などに生息するもので別名がイエコウモリと呼ばれています。コウモリが住みついてしまったら早めにコウモリ駆除をする必要があります。コウモリの糞が乾燥すると空気中に飛散し感染症を引き起こす原因となってしまいます。コウモリの体にはノミやダニなどが寄生しているのでコウモリ駆除を早くしないと家の中にダニなどが侵入してしまいます。しかしむやみにコウモリ駆除をしてはダメです。コウモリは蚊などの害虫を食べる益獣なので鳥獣保護法で守られています。勝手に駆除などをすると法律で罰せられてしまうので注意が必要です。

夜間に作業をしましょう

まず、コウモリ駆除を行う前に自治体などから許可をもらう必要があるので必ず申請して下さい。屋根裏に侵入しているコウモリに対しては忌避スプレーや蚊取り線香の煙などを使って追い出して下さい。そしてコウモリが屋根裏からいなくなった事を確認して下さい。しかし、コウモリ駆除がこれで終わったのではありません。追い出してもコウモリはすぐに戻って来てしまいます。戻ってくる前に屋根や壁にある隙間などを金網や木材用のパテなどで塞ぎ、コウモリの侵入を防がなければいけません。作業は夜行性のコウモリに合わせて夜間に行って下さい。しばらく様子を見てコウモリが侵入してこなかったらコウモリ駆除の完了です。専門業者への依頼を視野に入れ、適切なコウモリ駆除を行なっていきましょう。

予防が重要

シロアリは駆除するよりも予防対策を行うのが重要です。なぜなら、家の土台を食い荒らしてしまうため、家の強度が低くなるおそれがあるからです。対策には換気と薬剤利用がコツになります。換気は工夫すればできますが、薬剤については業者に依頼するのが確実です。

相談をすることも大切

賃貸物件でネズミが出た時には、そのネズミ駆除費用は入居者が負担するのが一般的ですが、改修工事が必要な場合には、大家さんや管理会社に相談することで費用負担を軽減することが出来る事があります。信頼することが出来る業者を選ぶようにしましょう。

アシナガバチ駆除

アシナガバチはスズメバチより危険性が低いとしても毒を持っているため、蜂の巣を取り除こうとする時には用心するべきです。退治の際には防護服や殺虫剤などの必要な道具を持って、準備万端にして行うと良いでしょう。