ウーマン

家に住み着かれたら厄介な害獣|コウモリ駆除は専門業者へ

予防が重要

白蟻

家を被害から守る

シロアリは木材を主食としており、家の土台や柱に住み着き、家をボロボロにしてしまいます。シロアリが住み着いてしまうと、家の強度が著しく下がってしまい、台風や地震などの災害時に家が倒壊することもありえます。そうならないためにも、早めの対策が重要となります。シロアリ対策というと、すでにできているシロアリの巣を駆除するというイメージがありますが、もっとも重要なのは予防です。新築で住宅を購入した場合は、薬剤が散布してあるためしばらくは予防効果があります。しかし、五年ほどすると効果が切れてくるため、五年ごとに点検をし、予防対策を行うのが重要です。鉄筋コンクリートの家でも被害はありうるので、定期的な点検は必要です。

換気と薬剤利用がコツ

シロアリの予防対策には、換気と薬剤利用がコツです。シロアリは暗く湿った場所を好むという習性があります。主な生息地は床下ですが、天井裏などにも生息する場合があります。床下の換気は難しいですが、家の中を換気するだけでも効果があります。家の中の窓は定期的に開け放して風通しをよくしましょう。押し入れや納戸なども定期的に風通しをするのがおすすめです。薬剤は、自分で散布するよりもやはり専門業者に依頼するのが確実です。薬剤そのものは購入可能ですが、点検と散布はかなり大変なので、信頼できる業者に依頼するのがよいでしょう。信頼できるかどうか見極めるためには、相見積もりをとるのがおすすめです。料金相場や対応の差も見えてきますし、値段も安くなります。